災害対策

我が国では、新潟県中越地震、福岡県西方沖地震、新潟県中越沖地震と、震度6以上の大規模な地震が
発生しています。また、近年では局所的な集中豪雨による被害も発生しているため、その対策には一刻の
猶予も許されない状況となってきています。
当社では、災害への対策を行い、お客様に安全・安心を提供するために、各種対策工法の
中から適正な工法を選定し、耐震、冠水、液状化、斜面崩壊など様々な災害への対策を行ってまいります。
I. 耐震対策
●SPR(Sewage Pipe Renewal・下水管更生)工法
既設管の内側に硬質塩化ビニル製プロファイルの
更生管を製管し、既設管と更生管の 間隙に
特殊裏込め材を充填する事で、古くなった管渠を
既設管・更生管・裏込め材が
一体となった強固な複合管として蘇らせことが
可能な工法です。
施工前
製管開始
製管中
施工後
”SPR工法”の特長は以下の通りです。
1. 道路を掘り起こすことなく施工できます。
機材は全てマンホールから管路内に入れるため、道路を掘り起こすことなく、施工できます。
非開削のため土砂などの廃棄物の発生がありません。
2. どんな断面形状でも対応できます。
円形、矩形、馬蹄形をはじめあらゆる断面形状に対応します。
3. 通水しながら施工が可能です。
4. 自走式なら長距離施工、曲線施工が可能です。
5. 管路施設の耐震化が可能です。
避難施設と処理場間の管渠や国道など重要道路下、軌道下などの管渠施設の耐震対策として最適です。
6. 製管途中でも作業の中断が可能です。
急な集中豪雨時などでも作業を中断することができます。
また、プロファイルの接続により作業を再開できます。